オーストラリアの風邪薬について【ケミスト風邪薬】

 

 

ここ最近雨が続き、特に夜が寒かったので

風邪引いてしまいました。

寝ても治りそうにないので風邪薬を購入😷

 

オーストラリアでは、風邪を引いたくらいでは

病院に行きません。自然治癒又はケミストにある

風邪薬を飲んで治すのが一般的です。

 

初めてオーストラリアで風邪を引いたとき

保険を使って病院に行ったのですが、

全てここで揃うものでした…笑

 

オーストラリアの常備薬といば

Nurofen(ヌロフェンとPanadol(パナドール)ですが、

これらは主に痛みや解熱に特化してるので

 

今回はこちらを購入しました👇

錠剤と咳止めのシロップ。

 

咳止めのシロップはクリニックでも、

ファーマシーのお姉さんに聞いた時も

処方されたことがあります。

効果があるので、咳が止まらない時はよく服用します。

 

錠剤は1箱に3日分の使い切りタイプです。

量が多いものもあります。

色が海外っぽいですよね(笑)

 

びっくりしたのがコールス(スーパー)

で見つけたのですが…

まさかの70円!

安すぎるのは服用するのが少し怖いですが、

オーストラリアのスーパーマーケットはかなり大手の会社で

権力もすごいとかどうのこうの聞きます…笑

スーパーのブランドはとても低価格なのです。

 

 

のど飴も種類豊富です。

〈Strepsils〉はクリニックでいただいたことがあります。

個人的には〈VICKS〉がメンソールが強く、

スースーするので好きです♡

 

今週は学校見学やテストと予定を詰めてしまったので

薬を飲んで寝て治します🤧

皆さんも風邪には気をつけてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です